文字サイズ

会社紹介

HOME > 会社紹介 > 沿革

沿革

兵庫県内陸部は松・杉・檜・竹などの木材資源に恵まれ、兵庫パルプは昭和14年設立の興亜繊維工業(竹パルプ製造)、昭和22年設立の光陽製紙工業(ソーダパルプ~未晒クラフトパルプ製造)の事業を引き継ぎ、1955年(昭和30年)2月に創立されました。

1950~1970年代

1955年(昭和30年) 2月: 兵庫パルプ創業
UKP日産10トン(月産300トン)

工場全景(昭和30年代)

1956年(昭和31年) 9月: 1~3号木釜及び関連パルプ設備増設
日産40トン
1958年(昭和33年) 8月: 兵庫パルプ工業を設立し、谷川工場の事業を引き継ぐ
1968年(昭和43年) 3月: カミールパルプマシン(現2号機)新設

バッチ釜(昭和40年代)


製造風景(昭和40年代)

製造風景(昭和40年代)

1969年(昭和44年) 12月: 4号木釜(36m3)及び関連パルプ設備増設
日産100トン
1971年(昭和46年) 6月: 加圧浮上式排水処理設備新設
1973年(昭和48年) 9月: 1号石灰キルン及び連続苛性化装置新設
5号木釜(40m3)増設
1974年(昭和49年) 8月: 1号ソーダ回収ボイラー発電設備(蒸発量56t/h, 出力6,400kW)、
1号黒液濃縮装置新設
日産150トン
1975年(昭和50年) 12月: 1号カミールパルプマシン新設  
1976年(昭和51年) 3月: 活性汚泥式排水処理装置新設  
1977年(昭和52年) 9月: 1号クラフトパルプ連続蒸解装置(350m3)、
臭気防止装置(スチームストリッピング)新設
2号パルプマシン移設
日産300トン
 
1978年(昭和53年) 2月: 販売体制の強化に着手  

1980~1990年代

1981年(昭和56年) 11月: 2号ソーダ回収ボイラー発電設備(低臭気、出力7,000kW)、
2号黒液濃縮装置新設
日産360トン
 
1984年(昭和59年) 3月: 3号パルプマシン(ダブルワイヤー)増設
日産400トン
 
1985年(昭和60年) 2月: 創業30年  
1988年(昭和63年) 8月: 連続蒸解釜改造
加圧型洗浄機(PD)新設
日産500トン
 
1989年(平成元年) 11月: 1号黒液濃縮装置、純水装置、クーリングタワー、白液クラリファイヤー、臭気防止装置(SS)を更新

建設中の3号ソーダ回収ボイラー
(平成2年)

1991年(平成 3年) 1月: 3号ソーダ回収ボイラー(低臭気、高圧高温、蒸発量160t/h)新設
日産550トン
1992年(平成 4年) 7月: 2号石灰泥キルン新設
1993年(平成 5年) 9月: 3号タービン発電機(出力40,000kW)及び送電設備を新設、バイオマス電力の供給開始
1999年(平成11年) 5月: 2号クラフトパルプ連続蒸解装置(1,010m3)新設、リサイクル原料の使用増加
洗浄臭気の燃焼処理ライン更新
日産600トン

建設中の2号連続蒸解装置
(平成11年)

2000年~現在

2002年(平成14年) 3月: 中国向けパルプ輸出が実現する
10月: ISO14001の認証を取得
2004年(平成16年) 10月: 4号バイオマス発電設備(蒸発量85t/h、出力18,900kW)新設、3号バイオマス発電との相乗効果を発揮する
2005年(平成17年) 2月: 創業50年

創業50年

創業50年

2006年(平成18年) 5月: 3号パルプマシン改造(カミールマシンへ改造)
2008年(平成20年) 9月: 4号バイオマス発電設備が、グリーン電力発電設備認定を受ける(電力全量買取制度)

建設中の4号バイオマスボイラー

建設中の4号バイオマスボイラー

2013年(平成25年) 2月: 4号バイオマス発電設備が、FITの認定を受ける
2014年(平成26年) 3月: 4号バイオマス発電設備で未利用材、一般木材の一部混焼を開始
2015年(平成27年) 2月: パルプドライマシン新1号機(N-1)稼働

建設中のドライマシン

建設中のドライマシン

2月: 創業60年

創業60年

創業60年

2016年(平成28年) 2月: パルプ洗浄機増設、スクリーン設備改造
2017年(平成29年) 12月: パルテックエナジー株式会社による5号バイオマス発電設備(蒸発量85t/h、出力22,100KW)竣工

ページトップへ戻る