HomeEnglish中文
  会社紹介 UKPの生産体制 当社のUKPの特徴 環境保全活動 違法伐採対策の取り組み UKPの可能性  
 
Products Information
当社のUKPの特徴
ドライパルプ
 
セロファイバー
 
   
環境に配慮したUKPを、さまざまな形で提供します。
 
 
パルプの種類とUKP
パルプは、木材などから取り出された繊維からなります。原料や製造方法の組み合わせによって多くの種類のパルプが存在し、求められる紙の性質に応じて使い分けられます。
木材から作られるパルプには、製造方法による分類として、機械的に砕いて製造する機械パルプと、木材チップ(小片)を薬品で蒸煮し、木材繊維を取り出して作られる化学パルプなどがあります。KP(Kraft Pulp)は化学パルプの一種で、使用する薬液がアルカリ性のため繊維の壁(セルロース)が保護され強い紙ができます。未晒のパルプUKP(Unbleached Kraft Pulp)は特に強靱で、段ボール原紙クラフトライナーやクラフト包装紙に多く用いられます。
チップの木材による分類では、針葉樹(a(N材:Nadelholz,松、杉、桧など)、広葉樹(b(L材:Laubholz, ブナ、ナラ、カシ、ユーカリなど)があります。針葉樹は繊維が太く長いため、強度があり破れにくい紙ができ、広葉樹は繊維が細く短いため、紙の強度はあまり強くありませんが、表面が滑らかな印刷に適した紙になります。針葉樹を原料とするUKPはNUKP、広葉樹はLUKPと呼ばれます。
 
   
 
 
 
 
Copyright(C) 2016 HYOGO PULP Co.,Ltd. All Right Reserved.